本文へスキップ

早期基礎力の定着で未来の人材育成に貢献します

塾長の独り言SERVICE&PRODUCTS

頭が良い?悪い?

「うちの子は頭が悪いので」
「うちの子は本当にバカですから」

一昔前に保護者から耳にしていた一言です。

成績表と重ねてみたときに良いか悪いかというときに使われたり
どこか謙遜してそのような言葉になっているのだろうと推測していますが
あまり良い言葉ではないですね。

最近はあまり耳にしなくなったなと思っていますが
生徒さんと触れ合うといかにこの言葉が適していないかが分かります。
学校の成績を見たときにそれ反映されていない場合はもちろんありますが

例えば日常生活の好きな番組やドラマ、マンガなどの話をしていると
よくそこまで覚えているなということまで話してくれます。

要は頭が良い?悪い?ということではなく
勉強に興味がある?ない?かだと思います。

本当に頭が悪ければ例え好きなマンガやドラマであっても
そのストーリーやキャラの名前まで覚えることは出来ません。

どんな知識であろうと覚えることが出来ると言うことは頭が良い証拠です。
もし「頭が悪い」という価値観が今もあるなら
それは違うんだと思うことからスタートしていただきたいなと思います。

バナースペース

はるカレッジ

〒605-0971
京都府京都市東山区今熊野椥ノ森町4-15

TEL 090-1158-0044

E-mail:
harucollege@maia.eonet.ne.jp