本文へスキップ

早期基礎力の定着で未来の人材育成に貢献します

塾長の独り言SERVICE&PRODUCTS

教えるときはこと細かく丁寧に!

これからの時代には考える力が必要だと言われています。
AIが導入されていくと人間的思考力がなければ仕事がないとも。

それでは考える力をつけるにはどうすればよいのでしょうか?

考える力をつけるには自分で考えさせるように指導すれば良いと思われるかもしれません。
しかし、この方法は非常に危険です。

なぜなら答えが何も分からないまま考えさせようとして
考えることや勉強が嫌いになっていく可能性が高いからです。

考える力を身につけてもらうためにまず必要なことは
問題の解き方を徹底的に細かく丁寧に教えることです。

例えば算数の文章題を子どもが解いていて分からないと聞かれたら
考え方から式の書き方まで事細かく丁寧に説明します。

分からなければ何度も何度も同じことの繰り返しを行います。
同じ事の繰り返しを行っていくと自ずと解き方が分かってくるので
自分からやってみようという気持ちになってきます。

ポイントはここです。

分かるまで考えさせるのではなく
解き方が分かるから考えられる、です。

教えるときは事細かく丁寧に!

バナースペース

はるカレッジ

〒605-0971
京都府京都市東山区今熊野椥ノ森町4-15

TEL 090-1158-0044

E-mail:
harucollege@maia.eonet.ne.jp