本文へスキップ

早期基礎力の定着で未来の人材育成に貢献します

塾長の独り言SERVICE&PRODUCTS

いつまで親子一緒に過ごすことができるか?

2月16日

基礎学力王者決定戦!きっこ先生を囲んでお話会

2月17日

勉強大好きになる実践講座(午前の部、午後の部)

長男は現在小学3年生。

産まれてから9年が経ったと思うと実に時間が経つのが早いか。

ついこの間ヘソの緒を病院で切ったんじゃないのと思うくらい
時間の経つスピードは自分が思っているよりも早いです。

次男くんは1歳。もう言葉を話すのではないかなと思うくらいです。
こちらも時間の経つ早さを痛感しています。

どんどん年を重ねていくと子どもの環境は一気に加速して変化していきます。

その環境を変える一番の要因は友だち。

友だちと一緒に過ごす時間が親子の時間よりも大事になっていくようになるので
これからは子どもと過ごす時間が少なくなっていくと思っています。

そうなるとますます子育てという時間が減っていきます。

私自身、小学校高学年からは家にいるよりも友だちといる時間を優先していました。

親離れしていく時間は刻一刻と近づいています。

幼児から低学年の間に触れ合う時間を大事に大事にしておきたいなと日々感じています。

バナースペース

はるカレッジ

〒605-0971
京都府京都市東山区今熊野椥ノ森町4-15

TEL 090-1158-0044

E-mail:
harucollege@maia.eonet.ne.jp