本文へスキップ

早期基礎力の定着で未来の人材育成に貢献します

塾長の独り言SERVICE&PRODUCTS

無口な子と話すには?

2月16日

基礎学力王者決定戦!きっこ先生を囲んでお話会

2月17日

勉強大好きになる実践講座(午前の部、午後の部)

私は無口な子と話すのが大好きです。

初対面で話をするのが苦手そうな子をたくさん見てきましたが
2,3回目に会ったときには大抵話せるようになっています。

無口だなと思う子も本当はたくさん会話をしたいんだと思います。

もしかしたら照れくさいだけかもしれないし
もしかしたら話が合わないと決めつけているかもしれない
色んなことを考えているかもしれませんが
実は話せば楽しいことを知っています。

私はどんな内容の会話にも合わせることが出来ます。

例えばものすごくアニメが好きな子がいますが
その内容をどんどん話してもらいます。

自分自身が知らないので知りたいから聞くんです。

相手は好きな内容ですからどんどん話してくれます。

好きな内容ですから詳しくわかりやすく話してくれるので
こちらもその面白さに興味を持ちます。

聞いてもらえるんだという安心感を持ってもらえれば
次回からはこちらの話も聞いてくれるようになります。

注意しなければならない点は
その時に本当に自分が知りたいという気持ちで聞かないとダメだということです。

興味がないことを聞いていても上の空になりますし

そんな状況はすぐに見透かされてしまいます。

そしてもう一つ大事な点は
何度も自分から話しかけるということです。

単に声をかけるだけでは挨拶しているだけになりますので
前回話した内容であったり
新しい話題でも何でもいいので

たくさん話していくことが大切です。

これが生徒さんとなっても同じです。

まずはその生徒さんのことをたくさん知ってから
授業をしていきます。

信頼関係が結ばれてからの方が
授業をしてもしっかりと聞いてもらうことができます。

無口な子がおしゃべりさんに変化することがとても楽しいですよ。
そのように自ら感じることができれば
そんなに悩むことはないかなと思っています。

バナースペース

はるカレッジ

〒605-0971
京都府京都市東山区今熊野椥ノ森町4-15

TEL 090-1158-0044

E-mail:
harucollege@maia.eonet.ne.jp