本文へスキップ

早期基礎力の定着で未来の人材育成に貢献します

塾長の独り言SERVICE&PRODUCTS

作文は文章作りから丁寧に教える

勉強の中で取り組みたくない1位2位を争うのではないだろうかと
思われる作文。

・字を多く書かなければならない
・何を書いていいかわからない
・書いた後に書き直しをしなければならなくなる
・書いてもあまり褒められない

などなど、嫌いになる理由が何かと出てくるのが作文です。

「わたし、作文大好き!」

と聞くことがあまりありません。

国語・読書が好きな人でも
「作文はちょっと…」と聞きます。

勝手な推測ですが
ものすごく丁寧に作文を書く時間が
学校でもご家庭でも
あまり取られていないからではないのだろうかと思っています。

まずは何を書くかの下書きから始めて
段落、言葉の使い方などから
序論・本論・結論というような文章の整え方まで
書き方が分かれば
あとは自分で感じたことを書いていくことができます。

『自分で考える力を身につける』

という言葉をよく目に耳にしますが
作文に関してもまずは作文を書く際の基礎を徹底にしないと
書く力を最初から自分で考えて書きなさいなんて求めることは非常に酷です。

どこかでこの時間をたくさん作らない限り
まともに文章を書くことは大変難しいと思います。

文章を書く力が身につけば
読解力にも影響を与えることは間違いありません。

実際に作文を書く練習をしていくことで
国語の偏差値が上がった例もあります。

日記からでもいいので
丁寧な文章の書く時間を作ることも大切ではないかなと思います

バナースペース

はるカレッジ

〒605-0971
京都府京都市東山区今熊野椥ノ森町4-15

TEL 090-1158-0044

E-mail:
harucollege@maia.eonet.ne.jp