本文へスキップ

早期基礎力の定着で未来の人材育成に貢献します

塾長の独り言SERVICE&PRODUCTS

算数の文章題は解かせる前に図を書かせてみる

算数の文章題が苦手な方いらっしゃいませんか?

計算は得意でも文章題が解けなくて
点数が取れない!ということはどこでも聞くような話です。

文章が長くなれば長くなるほど
手をつけない!なんていうこともあります。

「よく読めばできるよ」

というアドバイスをすると思いますが
実は読んだ後にどうすればいいかが
わからなくなっている可能性が高いです。

まずは『文章題を解く!』という考えをストップして
1行ずつ読んだ後に図に書いてみるように指導します。

「たろうくん、じろうくんの2人がいました。」

と書かれていたら
たろうくん、じろうくんを図にして書きます。

書き終わったら次の1行を読みます。

「2人は合わせて1200円持っています。」

また書いてあるとおりに図にしていきます。

これの繰り返しです。

最初のうちは問題を解くことはせずに
この図を書く練習をしていきます。

最初はやり方が分からないと思うので
何度も見本を見せていくことをオススメします。

何度も見本を見せていくうちに
「自分でもできる!」と言うようになればこっちのものです。

図を書けるようになってきたら
その図を参考に式を書いていく練習をしていきます。

いきなり文章を読んで式を書く前に
まずは図を書いてから解くようにしてみてください。

バナースペース

はるカレッジ

〒605-0971
京都府京都市東山区今熊野椥ノ森町4-15

TEL 090-1158-0044

E-mail:
harucollege@maia.eonet.ne.jp