本文へスキップ

早期基礎力の定着で未来の人材育成に貢献します

塾長の独り言SERVICE&PRODUCTS

不登校になった原因の一例とその解決策は?

あくまで一例です。

私がこれまで不登校のお子さんと触れ合ってきて感じたことを書きます。

一つは学校でいじめがあったケースです。

これは学校内での在り方や学校の先生の対応にもよりますし
学校を変えることによって解決する可能性もあります。

しかし、いじめの問題が解決しても学校に足を運ぶという気持ちがすぐに戻らなかったケースもあります。

学校に行くという気持ちそのものがなくなってしまうケースです。

そんな中お子さんから聞いた話は「親と話さない」というものが
一番大きな部分ではないかと感じました。

特に親のロジックに勝てないから話すつもりがない

頭では理解していても、正論だとわかっていても
話そうと思わなくなったということがありました。

学校に行くことや勉強をすることに対しての正論をぶつけても
心を閉ざしてしまっては何度話しても効果がなくなるのだと思います。

塾は楽しくて話を聞いてくれるからいいとそのお子さんは話してくれました。

私も一人の親として子供の将来に関しては常に心配になりますし
親が子どもに対し何かしら注意することとも多くなる気持ちもわかります。

無口で心を閉ざしていたり不登校のお子さんでお悩みの方と
私はなんとか懸け橋になりたいと常々考えています。

お子さんの本音がどこにあるか
それを聞くことができるだけでも一つのヒントとして
解決策が見つかるかもしれません。

バナースペース

はるカレッジ

〒605-0971
京都府京都市東山区今熊野椥ノ森町4-15

TEL 090-1158-0044

E-mail:
harucollege@maia.eonet.ne.jp